2020年07月27日

リチウムイオン電池は160Wh以下!

明日からの奄美方面への自転車旅行に、
この電動アシスト付き折りたたみ自転車で!
と思っていたのだが・・・
Li_03.JPG

畳めて重量は20s以内の18sだし、
Li_04.JPG

ところがウチウムイオンバッテリーの容量が!
Li_01.JPG

160Wh以下の制限のところ、
36V×5.2Ah=187.2Whで超過していて、
飛行機に載せられない!
Li_02.JPG

というわけで、
↓これで行くことにしました!
CIMG0036.JPG
2012年8月、安曇野にて
続きを読む
posted by yoko at 13:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 自転車・旅

2020年06月19日

京セラ美術館

01.JPG
京セラ美術館の府民限定が昨日で終わったので、
早速行ってきた!

02.JPG
開館迄時間があったので外周を一回り・・・
杉本博司の「ガラスの茶室」が!

03.JPG
表に戻るといつの間にか列ができている!

03-2.jpg

04.JPG
予約した人限定で、

05.JPG
10時の開館前はこんな具合・・・

06.JPG
新設の地下一階のエントランスから大階段で一階の中央ホールへ
07.JPG

08.JPG
中央ホール手前にある、元のエントランスの大階段

09.JPG
中央ホールから南ウイングへ

09-2.jpg
順路は、
中央ホール→天の中庭→南回廊

09-3.jpg
南回廊で開館記念特別展を観

10.JPG

11.JPG
接続部を経て北回廊へ
12.JPG
北回廊の展示を観た後中央ホールの戻り、東方向へ

14.JPG
北東部の増築された「東山チューブ」へ

15.JPG
杉本博司の「瑠璃の浄土」展を観た後

16.JPG
東エントランスから退出

17.JPG
もう直ぐ午後1時前!
建築の見学を兼ねていたので3時間近く経過・・・

明るく快適で動線の分かりやすい美術館でした!

posted by yoko at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術

2020年06月02日

自粛緩和!

6月になって、大仏様が拝観できるようになり、奈良国立博物館の「なら仏像館」も開館されるので、出かけた。
先ず東大寺の「戒壇堂」へ行ったらまだ閉まっていて、東大寺で開いているのは「大仏殿」だけで、「法華堂」など他のお堂は6月15日からでした。
01.JPG

「大仏殿」では、普段より東側の入口が開いていて、
02.JPG

境内には中央分離柵が設置されており、
03.JPG

左通行なので、右側にある手水屋は使えず困った!と思いきや、使用禁止!!
04.JPG

4月21日以来・・・
05.JPG

いつみてもありがたい!
06.JPG

「柱の穴くぐり」は閉鎖中!
07.JPG

外へ出ると「回廊耐震改修工事中」の看板が・・・
08.JPG

参道を南へ・・・
「東大寺ミュージアム」は閉館中でその前を南へ、「南大門」の南側から「大仏殿」を撮ろうとしたら鹿に割って入られた!
09.JPG

奈良国立博物館の本館は休館中で、特別展の開催は6月中旬以降とのこと
10.JPG

お目当ての「なら仏像館」へ、体温チェックを受けて入館・・・36.2℃
11.JPG

次は興福寺・・・「東金堂」は宝の山
12.JPG

「国宝館」も宝の山
13.JPG
ところで最近「廃仏毀釈」に関する図書を集中的に読み知識を新たにしたものだ。
薩摩の名君といわれる島津斉彬や島津久光の過酷な仏教弾圧や、彼らが貴重な文化財の破壊者だったことなど、普段接する歴史書に記述がないため、これまで知らなかった!
その後、平城宮跡を通って帰途に
「南門」の復元工事がされていて、2022年3月完成予定
14.JPG

中がのぞける
15.JPG

南に「朱雀門」が見える
16.JPG

今日の最後は「秋篠寺」
17.JPG

お庭の苔が美しい
18.JPG

「伎芸天」が人気のお寺
「本堂」(国宝):24oの広角でも両側が切れる・・・後ろに樹木があって、これ以上バックできない!
19.JPG

本日のルート
posted by yoko at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

2020年05月18日

新車購入!

新車購入!と言っても自転車!!
01.JPG
電動アシスト付き折りたたみ小径車
02.JPG
benelli miniFold16 イタリア製
走行距離80kmが購入の決め手になった!
これだと自転車旅行に予備電池なしで1日走れる️

03.JPG
04.JPG
05.JPG
重量は18kgと重いが瞬時に開閉、車輪がついていてゴロゴロ押して移動できるし、20s以内なので追加料金無しで飛行機に載せられる。
苦も無く坂道を上れるようになり、自転車旅行の経路が飛躍的に広がった!

06.JPG
ヒシアゲ古墳:仁徳天皇皇后磐之媛命陵にて


07.JPG
5/17初乗り:反時計回り約24q


続きを読む
posted by yoko at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

2020年04月21日

大仏様を拝みに行く!

東大寺大仏殿の拝観が、4月24日から5月末までできなくなると知り、早速出掛けた!
奈良公園へはいつもの通り自転車で、先ず平城宮跡を通り、今日は法華寺の前を通って・・・

01.JPG
案の定、門は固く閉じられている!

02.JPG
登大路を県庁前から地下道を潜っ博物館のエリアに出るとこの看板が!

03.JPG
既に始まっているはずの展覧会は「開幕延期」とあり、

04.JPG
毎月複数回訪れる「なら仏像館」も勿論CLOSE!

05.JPG
東大寺参道の南端に到着!人影まばらでお店はみんな休み。
家からここまで自転車で40〜50分。

06.JPG
南大門へと直進!

07.JPG
何たる建築美!

08.JPG
ところで南大門の西側に「東大寺ミュージアム」があるのだが、ここにはかつて「東大寺学園」の前身の「青々中学校」があり、ぼくがは中学の3年間、京都府から奈良電(現在の近鉄京都線)で通ったのだった!
ぼくが建築家を目指したのは、この南大門の建築美のせいかもしれない・・・

09.JPG
南大門を通る時、勿論左右の仁王像を見る。

10.JPG
直進!誰もいない。

11.JPG
回廊西側の入口から中へ、

12.JPG
大仏殿を見ると気持ちが落ち着く。

13.JPG
大仏殿手前右側に手水屋があるのだが柄杓が無く、「新コロナウイルスの感染拡大防止のため、当分の間、柄杓を用いての御手水をご遠慮いただいております。」との記載があった。

14.JPG
憎き武漢ウイルスが鎮まりますように!と大仏様にお願いする。

15.JPG
大仏様って、聖武天皇が疫病を鎮めるためにつくられたのだ!

16.JPG
大仏殿の後は裏参道を通って二月堂の方へ

17.JPG
ここも人影がほとんど無し。

18.JPG
お決まりのコースを周回した後法華堂へ

19.JPG
正面より中へ、宝の山の堂内を独り占め!幸せ!!

この後、そろそろ藤の花が見頃になる春日大社の万葉植物園へ行こうかと思い、念のため電話で藤の開花状況を問い合わせたところ、新コロナ休園中で、その続きに改修工事に入るため、開園は来年4月になるとのこと。見事な藤の花は1年お預け・・・

20.JPG
東大寺の後はお決まりの興福寺へ来たものの、東金堂も

21.JPG
国宝館もCLOSE!
CLOSEが5月6日までならよいのだが、5月末迄かも・・・
心配・・・

東大寺大仏殿は4月23日まで拝観できるのでお急ぎください!
posted by yoko at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

2020年03月28日

薬師寺東塔

一昨日薬師寺に行ってきた。
12年の歳月をかけてようやく解体修理が完成した東塔!
見るにはやっぱり先ずこちら、大池の方から。
yak_01.JPG
右(南)から北(左)へ順に「東塔」「西塔」「金堂」

右遠くに若草山の山肌が見える。「金堂」左のズーッと遠くに小さく見えるのが東大寺大仏殿!
yak_02.JPG

境内南側「中門」のある塀越しに「東塔」を見る。
yak_03.JPG

初層は白い壁!「西塔」にある「連子格子」が「東塔」には無いことに気が付いた!
yak_04.JPG

木造部分は完成していたが、基壇が未完成!
yak_05.JPG

「西塔」と「金堂」
yak_06.JPG

「金堂」は修二会花会式の最中(3/21〜31)で、堂内に読経が響き渡っていたが、同時開催のはずの奉納行事はことごとく中止!
yak_07.JPG

待ちに待った〜参列を楽しみにしていた「東塔」落慶法要だが、4月下旬から5月上旬の執行予定が延期となってしまい残念・・・

posted by yoko at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

2020年03月17日

船場ビルディング

先日某会の例会で、友人の建築家から「私の町散歩〜船場のモダニズム建築」というテーマで講和があり、『船場ビルディング』の存在を知って驚いた!
かつて日本建築家協会の役員をしていた頃よく通った、名建築の誉れ高い重要文化財の『綿業会館』からは2ブロック北と近く、それよりそもそも40年以上建築家として大阪で仕事をしていたのに、これほど魅力的な建築の存在を知らなかったとは・・・
で、早速行ってきた。
01.JPG
大正13年(1924年)竣工で、1998年に改修

建物正面中央の入口から中庭へスーッと入れるのは、問屋街船場の土地柄から、トラックや荷馬車などを引き込めるように!という機能性を重視したからだって・・・
02.JPG

細長いパティオ風中庭の吹き抜けが気持ちいい!
03.JPG

地上5階建てで、エレヴェーターが一機設置されている。
04.JPG

後で知ったのだが、「見学は事前に申し込み」とのことだった。
05.JPG
posted by yoko at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

2020年02月19日

ゴッホ展

ゴッホ展を観に、兵庫県立美術館へ行ってきた。
01.jpg

02.jpg

過去に観た記憶をはっきり思い出せたのは、
↓この「糸杉」で、その色彩と筆致に引き込まれた!
03.jpg

ところで、不用意に会場に入ってから戸惑ってしまった。
19世紀後半の画家とは知っていても、
ゴッホの正確な生年と没年が思い出せないのだ!
キャプションにあるのは制作年の表示だけなので、
何歳の時の作品だかわからない。
入口付近のご挨拶のパネルにも人名だけ・・・
入口で尋ねると首をかしげて「館内の係員に聞いて・・・」
そこで館内の係員に尋ねてもみんな知らないので困った!!
再入場の手続きをして窓際まで行き、
スマホで調べて→フィンセント・ファン・ゴッホ(1853〜1890)
それはともかく、
この兵庫県立美術館ですごいのは、
70歳以上は県内外を問わず入館料が半額のこと!
だからこの日は1,700円×0.5=850円で入館!!
これは全国でも珍しいのでは。

ところでゴッホ展といえば2年ほど前に東京都美術館で観た、
ジャポニズムをテーマにしたゴッホ展の記憶が生々しい!
04.jpg

05.jpg
posted by yoko at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術

2020年01月31日

生まれて初めての入院&手術

昨年の9月頃に腰にかすかな異変を感じたのが始まり!
立位〜歩行時に左脚が痛く感じるようになって徐々に悪化、
脊柱管狭窄症と診断され、そのうち苦痛で歩行困難になり、
生まれて初めて手術を決断、約3週間の入院を経て
本日退院〜帰宅しました。

20200114_椎弓形成術..jpg

↑手術の前に撮ったMRI画像で右上が縦断面、
上から3番目が一昨年圧迫骨折した第3腰椎で、
骨折は完治したもののそこが弱点となって脊柱管狭窄症を発症、
その上下とその下の3ヶ所の、神経と折衝する骨を削り取った!
下の画像は横断面で、左が第3腰椎の上、右が下

因みに2年前の骨折とは!?
http://yokogawa-r.sblo.jp/article/182289188.html#comment

今は苦痛から解放されてすらすら歩ける!今はただただ幸せ!!
posted by yoko at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2019年12月11日

夭折の天才画家!関根正二

関根正二は知っていたが、実物を観たことはなかった!
どうしても観たくて、
近鉄特急を乗り継ぎ三重県の津までやってきた。

01.JPG
津駅から幹線道路を800mほど、
取り付け道路の正面の看板が見える。

02.JPG
三重県立美術館にやってきた。

03.JPG
『関根正二展』が開催中だ!

04.JPG
長い長い階段を上がると〜
自転車なのでスロープを上がると正面玄関がある。

05.jpg
実はこの「生誕120年・没後100年_関根正二展」
福島県立美術館で
過去最大の回顧展が開催されていることが、
9月末だったか
NHK日曜美術館アートシーンで紹介されて、
三重県立美術館で巡回展があることを知り、
必ず行くと決めていた!

06.JPG
展示室入口のパネルの作品は、

07.jpg
【三星】1919

08.jpg
関根正二といえばこれ!
重要文化財の【信仰の悲しみ】1918

09.jpg
【姉弟】1918

10.jpg
【少年】1917

11.jpg
【自画像】1918

12.jpg
【少女】1919

豊かな色彩と幻想的な表現!鮮烈な印象!!
20歳2か月のなんとも短い生涯のほとんどが、
17歳から20歳までの作品とはと驚嘆するしかない!
因みにもう一人の天才画家
村山槐多も同年22歳で夭折、
原因の、同年猛威をふるったスペイン風邪を恨む。
posted by yoko at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術