2020年08月31日

今城塚古墳と継体天皇

今年の4月にNHKの「英雄たちの選択」で紹介され、
第26代継体天皇の陵墓とされる
「今城塚古墳」について知って以来、
継体天皇についての知識を深めるとともに、
是非ここを訪れたいと思っていて、
ようやく昨日行ってきた!
JR高槻駅から西へ2.6q…自転車で15分ほどのところ

↓これはGoogle map の航空写真で、
001.jpg
墳丘の長さ190m、二重の濠がめぐっており、
「外濠」を含めた全体で340m×350mの前方後円墳、
6世紀前半に没した継体天皇の墓とされているが、
宮内庁が指定する継体天皇の墓は別にあるため、
ここは発掘調査され、国の史跡にも指定されていて、
公園として整備されている!
「濠」の中に入れる日本で唯一の古墳!ということ・・・

↓後円墳の「外濠」で、右が「内濠」を囲む「堤」
002.JPG

「堤」にはトンネルが設置されており

003.JPG

トンネルをくぐると「内濠」に入れる!
004.JPG

その「内濠」の前方墳側の半分ほどは池
005.JPG

「外堀」と「内堀」の間の「堤」に上ると、
「内堀」側には「円筒埴輪」が連なっていた!
006.JPG

「前方墳」の端部の池!
007.JPG

「円筒埴輪」がこんな具合に連なる!
008.JPG

「墳墓」の前方に向かって右手〜方位でいうと北側に
「埴輪祭祀場」があり、
009.JPG

家・太刀・盾・人物・動物など約90点の「形象埴輪」が、
発掘調査で確認された位置に復元配置してあり、
「ハニワのまつり」を再現しているのだそうだ!
010.JPG

見飽きない!
011.JPG

何たる造形力!!
012.JPG

「内堀」に下りると、
013.JPG

「円墳」に設けられた階段の奥から子供が出てきた!
014.JPG

恐れ多くも中に入れる!
という訳で、お辞儀をして中へ!!
015.JPG

鬱蒼とした森の中の、
016.JPG

「円墳」の頂上辺りに丸いものが・・・
017.JPG

ここが「円墳」の中心かな・・・
018.JPG
石の円盤に数字が彫ってあって、
下の2011は設置された年の年号だろう・・・でも、
上の531は何?「はっ」とひらめいた!
そう!継体天皇が亡くなったとされる年!!

「堤」のトンネルをくぐって「外堀」の方へ・・・
019.JPG

トンネルの壁に「堤」の断面が展示してあった。
020.JPG

「堤」の外側から「埴輪祭祀場」を見上げる。
021.JPG

022.JPG

023.JPG

「外堀」に接してトイレと自販機を備えた建屋があり、
その屋上に展望台「はにわバルコニー」があって、
目の前に「埴輪祭祀場」が一望できる。
024.JPG

025.JPG

そこから北へ、歩いて5分ほどのところに、
「今城塚歴史資料館」がある。
026.JPG

高槻市立の施設で、充実した展示内容に感心!
027.JPG

↓そのパンフレットで、クリックすると詳細を見れます!
028L.jpg

029L.jpg
posted by yoko at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ