2020年12月16日

一年に一日限りの「執金剛神立像」

今日は12月16日!
この日は一年に一度、東大寺法華堂の秘仏_国宝「執金剛神立像」が開扉される日で、

01.JPG
いつの頃からだか忘れたが、毎年必ずやって来る!

02.jpg
70歳以上の奈良市民は市内の社寺が無料拝観できるので、
年に数回は訪れていて、「不空検索観音菩薩」をはじめとする諸仏にはすっかりお馴染みなのだが、

03.JPG
「執金剛神立像」ばかりは本日限定!
「しゅこんごうじんりゅうぞう」と読む

04.jpg
高さは170pほどで、

05.jpg
この強烈な表情は、いつでも脳裏に描ける!

06.JPG
20人ほどを5分間隔で入れ替えられる。
お堂を出たら必ず西側から眺め、

07.JPG
本日は北側にも回ってみる。
この中央の障子の向こう側に、こちらをにらんで立っておられる。

08.JPG
左側の開口部から

09.JPG
右奥を覗いてみるが・・・

10.JPG
その後法華堂を後にし、

11.JPG
向かったのは東大寺ミュージアム

12.JPG
戒壇堂が改修中の間「四天王立像」がこちらに移されていて、
数年の間こちらで拝観できる!
続きを読む
posted by yoko at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術