2020年08月31日

今城塚古墳と継体天皇

今年の4月にNHKの「英雄たちの選択」で紹介され、
第26代継体天皇の陵墓とされる
「今城塚古墳」について知って以来、
継体天皇についての知識を深めるとともに、
是非ここを訪れたいと思っていて、
ようやく昨日行ってきた!
JR高槻駅から西へ2.6q…自転車で15分ほどのところ

↓これはGoogle map の航空写真で、
001.jpg
墳丘の長さ190m、二重の濠がめぐっており、
「外濠」を含めた全体で340m×350mの前方後円墳、
6世紀前半に没した継体天皇の墓とされているが、
宮内庁が指定する継体天皇の墓は別にあるため、
ここは発掘調査され、国の史跡にも指定されていて、
公園として整備されている!
「濠」の中に入れる日本で唯一の古墳!ということ・・・

↓後円墳の「外濠」で、右が「内濠」を囲む「堤」
002.JPG

「堤」にはトンネルが設置されており

003.JPG

トンネルをくぐると「内濠」に入れる!
004.JPG

その「内濠」の前方墳側の半分ほどは池
005.JPG

「外堀」と「内堀」の間の「堤」に上ると、
「内堀」側には「円筒埴輪」が連なっていた!
006.JPG

「前方墳」の端部の池!
007.JPG

「円筒埴輪」がこんな具合に連なる!
008.JPG

「墳墓」の前方に向かって右手〜方位でいうと北側に
「埴輪祭祀場」があり、
009.JPG

家・太刀・盾・人物・動物など約90点の「形象埴輪」が、
発掘調査で確認された位置に復元配置してあり、
「ハニワのまつり」を再現しているのだそうだ!
010.JPG

見飽きない!
011.JPG

何たる造形力!!
012.JPG

「内堀」に下りると、
013.JPG

「円墳」に設けられた階段の奥から子供が出てきた!
014.JPG

恐れ多くも中に入れる!
という訳で、お辞儀をして中へ!!
015.JPG

鬱蒼とした森の中の、
016.JPG

「円墳」の頂上辺りに丸いものが・・・
017.JPG

ここが「円墳」の中心かな・・・
018.JPG
石の円盤に数字が彫ってあって、
下の2011は設置された年の年号だろう・・・でも、
上の531は何?「はっ」とひらめいた!
そう!継体天皇が亡くなったとされる年!!

「堤」のトンネルをくぐって「外堀」の方へ・・・
019.JPG

トンネルの壁に「堤」の断面が展示してあった。
020.JPG

「堤」の外側から「埴輪祭祀場」を見上げる。
021.JPG

022.JPG

023.JPG

「外堀」に接してトイレと自販機を備えた建屋があり、
その屋上に展望台「はにわバルコニー」があって、
目の前に「埴輪祭祀場」が一望できる。
024.JPG

025.JPG

そこから北へ、歩いて5分ほどのところに、
「今城塚歴史資料館」がある。
026.JPG

高槻市立の施設で、充実した展示内容に感心!
027.JPG

↓そのパンフレットで、クリックすると詳細を見れます!
028L.jpg

029L.jpg
posted by yoko at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2020年01月31日

生まれて初めての入院&手術

昨年の9月頃に腰にかすかな異変を感じたのが始まり!
立位〜歩行時に左脚が痛く感じるようになって徐々に悪化、
脊柱管狭窄症と診断され、そのうち苦痛で歩行困難になり、
生まれて初めて手術を決断、約3週間の入院を経て
本日退院〜帰宅しました。

20200114_椎弓形成術..jpg

↑手術の前に撮ったMRI画像で右上が縦断面、
上から3番目が一昨年圧迫骨折した第3腰椎で、
骨折は完治したもののそこが弱点となって脊柱管狭窄症を発症、
その上下とその下の3ヶ所の、神経と折衝する骨を削り取った!
下の画像は横断面で、左が第3腰椎の上、右が下

因みに2年前の骨折とは!?
http://yokogawa-r.sblo.jp/article/182289188.html#comment

今は苦痛から解放されてすらすら歩ける!今はただただ幸せ!!
posted by yoko at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2019年08月05日

ツバメのねぐら入り

昨日平城宮跡で
「ツバメのねぐら入り探鳥会」があったので行ってきた。
集合場所の「遺構展示館」前の広場で午後6時に受け付け開始、
6時半から、
主催者の日本野鳥の会奈良支部の方の解説があった。
ここ平城宮跡では、
ピーク時に約60,000羽のねぐら入りが見られるそうで、
国内で三番目の多さだそうです。
約2,000uのヨシ原のそばまで近づくことのできる、
そんなねぐらは珍しいのだそうです。

午後7時に出発して平城京跡の中を西へ、現地へ向かう。
1835.JPG

ねぐらは大極殿の西側にある
1835-2.JPG

現地に到着!
参加者は200人ほどで、直ぐ西側のヨシ原に向かって陣取る。
1910.JPG

夕焼けが美しく
1907.JPG

たなびく白い雲に、西の雲の影が斜めにかかっていた
1902.JPG

午後7時20分過ぎに、ようやくツバメが現れだすが、
1922.JPG

6万羽のツバメの大群が空を覆うのかと思ったらそうではなくて、
上空を旋回したあとヨシ原に降りてゆく状態が10分近く続く・・・
1925.JPG

スピードが速くてうまく撮れない!
1925-2.JPG

7時半少し前に終了!
1929.JPG

集合場所よりさらに東の空き地に止めた車に戻る途中、
南に見える朱雀門の手前を近鉄電車が通過!
1941.JPG

夜の大極殿も近鉄の車内から時々見たことはあったが、
1946.JPG

直接見るのは初めてで、これも値打ちの探鳥会だった!
1950.JPG
posted by yoko at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2019年06月19日

ホームページのアクセス数にびっくり!

パソコン教室に通ってホームページを作って10年以上が経過した。
利用統計を見ると1日のアクセス数が分かるのだが、
昨年の11月には200台に!
↓クリックして、一日当たりの平均の黄色の行を参照
01.JPG

今月はというと、ほとんど200代後半で、300台も3日あって、
自転車・旅に新しいページを加えるなど大変なのだけれど、
ますます意欲が掻き立てられる!
↓クリックして、黄色の行を参照
02.JPG

昨年まで6年かけて沖縄の島々を巡ったのだが、
順次北上を続けていて今年から鹿児島県へ、
7月5日から9日間かけて
奄美大島/徳之島/沖永良部島/与論島を巡る予定!
↓自転車・旅のページ
http://www.yokogawa-r.com/travel_temp.html
↓横川隆一のホームページ
http://www.yokogawa-r.com/

posted by yoko at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2019年05月15日

やまぼうし_2019

01.jpg
1977年の年末に完成した我が家の、
これは1979年2月号「新建築」誌に掲載された写真
http://www.yokogawa-r.com/architecture/ykh/architecture-ykh1_temp.html

02.JPG
ウッドデッキに寄り添うように植えた一本のヤマボウシは、
猛暑で枯れかけたことあったりしながら今日まで生き延びて、

03.JPG
ほとんど花が咲かない年も結構多いのだが、
何年かに一度たくさん花を咲かせる年もあって・・・

04.JPG
純白の美しい花を見ると元気が出る!
posted by yoko at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2019年04月14日

さくら_2019

今年も近所で桜を満喫!
先ずは奈良から・・・
4月8日(金)晴れ!家から自転車で出発
n_01.JPG
平城京跡を通り

佐保川へ!
n_02.JPG
地図の右上の花見(さくら)から左下の花見(さくら)まで約5q

右上の花見(さくら)の近くの「大佛鐡道記念公園」の枝垂れ桜
n_03.JPG

ここから下流へ約5q、川の両岸に桜並木が続き、
n_04.JPG
ところどころに公園がある

次は大阪
4月11日(木)晴れ! 天満橋を渡り・・・
o_01.JPG
大川右岸の見事な桜!

造幣局の桜の通り抜けへ
o_02.JPG

o_03.JPG
南門から北の旧造幣局正門迄約450m

様々な桜が一斉ではなく時期をずらせながら咲いていて、
o_04.JPG

o_05.JPG
今年の花「紅手毬」

大川の両岸は桜のトンネルで
o_06.JPG

遊覧船はどれも満員
o_07.JPG

最後に京都
4月13日(土)晴れ!
TVで桜守のことが紹介されていた背割堤へ
k_01.JPG

宇治川と木津川の合流地点の堤に
k_02.JPG

長さ1400mの桜のトンネル
k_03.JPG

見事な桜
k_04.JPG

先端から見返す!
k_05.JPG
ここは初めてだったが、象徴性が素晴らしい!
posted by yoko at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2018年09月27日

愛車との別れ

先日悲しい出来事があり、
そのことで頭がいっぱいの状態で車を運転していて、
縁石をひっかけてしまい、愛車を壊してしまった!
CLK200_01.jpg
20年前に買った"Mercedes-Benz CLK200"で、
走行距離も10万キロ以下、
最近は毎週一度近所に買い物に行く時にしか乗らないので、
これを終の車にするつもりだった!

CLK200_02.jpg
ボディは無傷!
左の前後のタイヤがパンクしている程度で、
見た目は大したことないようだけど、
実はシャーシーが変形してしまって、
修理費に200万円近くかかるという見積りが出た!
いくら何でもそれは!ということで修理は諦め、
愛車は廃車にして別の車を買うことにした。
★以上2枚の写真は整備工場で撮影。

CLK200_03.JPG
この写真は我が家に駐車している事故前のもので、
google map の「ストリートビュー」を拝借!
posted by yoko at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2017年08月06日

今日一番悔しかったこと

20170806_nishikori.PNG
この写真は、
今朝の男子テニスの試合で、錦織が負けてしまった時の写真です。
TVでは放送が無いので、iPhoneの"Tennis news"で応援して見続けましたが、こんなはずでは!と思えるほどあっさり、ストレートで負けてしまいまた。
あっさりとはいっても、2セットでしれぞれ1ゲームづつ落としただけなのですが、でもこの写真を見ると、ガックリというか、ツラいです!
テニスは相撲みたいに、体格別をつくらないのですね!
でも錦織が対格差を超越したら、欧米人はルールを変えてくるかも!?
欧米人がルールを変えたくなるほど頑張って!錦織くん!!
posted by yoko at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2017年08月03日

山元麺蔵

01.JPG
京都の岡崎に麺の人気店が2軒並んでいて、
いつもは左の京うどん「岡北」…お気に入りのお店に入るのだが、
定休日なので右の讃岐うどん「山元麺蔵」に入ることに、

02.JPG
開店は11時で、待ち時間は1時間がざらで、
11時半に並んではいれたのは12時半だった!

03.JPG
中は、5人まで座れるテーブルが二つと、

04.JPG
カウンター席が10席なので、定員20席

05.JPG
注文したのは「土ごぼう天ぷらうどん」\920
コシの強いうどんで、天ぷらは「カレー塩」でいただく
posted by yoko at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2017年05月26日

天王寺公園

先日、大阪市立美術館で開催中の「木と仏像」展に行った。
JR天王寺駅から天王寺公園の中を通って行くことになるのだが、
フェンスで仕切られて有料だった天王寺公園が、
見違えるように変わっていてびっくり!
ten01.JPG

これは何ヶ所かにあった案内板
ten02.JPG

ten03.JPG
天王寺駅から気持ちの良い芝生広場の中の通路を通って
美術館や動物園へ行けるようになり、

通路に沿ってオシャレなお店もつくられて、活気が生まれた!
ten04.JPG
posted by yoko at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2017年03月14日

狩野永徳の国宝「花鳥図」襖絵

久々に大徳寺へやってきた。
狩野永徳の国宝「花鳥図」襖絵を観に来たのだ!
北大路通りの「南門」から中へ、
01.JPG

長谷川等伯の天井画と、
秀吉に切腹を命じられるきっかけになったとされる千利休像で
知られる「山門」は、囲われていて近づけない。
02.JPG

奥へ進んで大徳寺「寂光院」に到着!
03.JPG

修復がなされた記念に昨春から一般公開されていて、
この3月26日で終了のところ、
ぎりぎりになって気が付いて申し込み、辛うじて間に合った!
04.JPG

本堂には狩野松栄・永徳父子による障壁画46面があり
その全てが国宝!
中でもこの「花鳥図」が最もよく知られていて、
永徳が若干24歳の時の作というから驚く。
05.JPG

★最後の2枚の写真は、本展の紹介webから拝借しました。
posted by yoko at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2017年02月18日

アフロヘアの仏様

01.JPG
東大寺の大仏殿から北へ1qほど行ったところに
「五劫院」というお寺があります。

02.JPG
重源上人が中国から請来した
「五劫思惟阿弥陀如来坐像」を安置したのが始まり
とされるお寺で、

03.jpg
そのご本尊が一昨日から特別開扉されていて今日が最終日!

05.jpg
長い時間の難行でこのように髪の毛が長く伸びて、
螺髪がこんなにも積み重なってしまった!!
これぞアフロヘア!!

・・・見とれて随分長くいたようだが、
その後はいつものお決まりコース!

06.JPG
「二月堂」は「お水取り」の準備が万端整いつつあるようです。

その後「法華堂」で「不空羂索観音」などの諸仏を見、
その後は「東大寺ミュージアム」へ、
今日も又奈良に住む幸せを感じる一日でした。
posted by yoko at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2017年01月23日

京都北山の杉林を描いた2枚の絵

BSジャパンの「美の巨人たち」で
東山魁夷『冬の花』『北山初雪』を観て、
東山魁夷が京都北山の杉林を描いた
2枚の絵があることを知り、
それが所載されているらしい本を図書館で借りた。

01-京洛四季.jpg
同名の『画集』は奈良市の図書館になく、
あったのは東山魁夷による歳時記の文庫本で、

02-醍醐寺.jpg
絵も小さく、

03-嵐山.jpg
多くの絵はこんな具合にページをまたがっていて残念!

04-北山初雪.jpg
これが『北山初雪』で1968年の作、

06-冬の花_1962.JPG
これが1962年作の『冬の花』で、
前年川端康成が文化勲章を受章した記念に描いて贈ったもの

07-川端康成と東山魁夷.jpg
そういえばと書棚を探したらこれがあった!
10年少し前、確か京都国立博物館であった
同名の展覧会で買い求めたもので、
2枚の絵もページをまたがらずに所載されていた。
posted by yoko at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2016年12月31日

73.7.17

ボクの「今年の重大ニュース」ベストワンは、
ボクの73歳の誕生日の717日に、
7カ国17に及ぶ「ル・コルビュジエの建築作品」が
ユネスコの世界文化遺産に登録されたこと!
01.jpg
中でも代表作の一つとされる「ロンシャンの礼拝堂」で
ボクたちが日本人として初めて結婚式を挙げてのが1973年で、
この下二桁も73歳と一致!!
12.jpg
73.7.17って一生一度の偶然だ!!!
ご覧ください!http://www.yokogawa-r.com/etc_temp.html
posted by yoko at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2016年11月16日

iPhone

今日「奈良県立美術館」へ行った。
01.JPG
臨済宗の祖である臨済義玄禅師の1150回忌に当たる今年は、各地で「禅」の展覧会が開催されていて、ここでも「雪舟・世阿弥・珠光・・・中世伸びと伝統の広がり」展が開催されていた。
02.JPG
展示品は地味ながら興味深いもので、写真撮影禁止と携帯・スマートフォンの使用禁止を承知の上で、iPhoneのメモ帳アプリでメモを取っていると、警備員が「展示室内では使用しないで!」って!!
ともかく見えるところで操作すること不可!とのこと。
納得行かなくて次に訪れた「奈良国立博物館」で同様のことが可能か尋ねると、全く問題なしとのこと。
03.JPG
鑑賞中にweb検索する必要が生ずることもあるので、今後は他の美術館・博物館でもどうなのか、調べてみるつもり!
博物館の西面は丁度夕日に照らされて黄金色!
因みにこの「なら仏像館」の入口は東側にある。
guide_00-ue.JPG
guide_00-sita.JPG
posted by yoko at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2016年01月01日

年賀状

年賀状を印刷をし始めたのは1969年で、
その年の干支は「酉」だったので、
今年と同じ「申」が干支の年は、
1980年、1992年、2004年、2016年
その4年分を一挙掲載です!
2016.jpg
2004.jpg
1992.jpg
1980.jpg
posted by yoko at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2015年12月17日

春日若宮おん祭

初めて「春日若宮おん祭」に行った!
00.jpg
おん祭は「春日大社」の中にある「若宮神社」のお祭りで、その起源は平安時代、1136年にさかのぼり、天下泰平、五穀豊穣、万民和楽を願って大和一国を挙げて行われ、長い歴史の中で一度も途切れることなく今年で何と880回目を迎えたとのこと。
12月15日(火)〜18日(金)の4日間にわたって、「お渡り式」をはじめ、様々な神事が行われる中、今日はその「お渡り式」など一番神事の多い日なので、今日こそは!と出かけた。

「お渡り式」は正午に県庁前の登大路の南側の「登大路園地」に設置された仮設スタンドの前を出発
01.JPG
観覧席は南向きで、一行は東から、左から、従って下手から出てくる

02.JPG
クリックして拡大すると、裸でないことが分かる

03.JPG
中に人が載っているかどうかは不明

04.JPG
立派な兜を写そうと思ったのだが、真横からになってしまった

05.JPG
華やか・・・十数組〜十数チーム!
翌日の新聞に 「時代装束に身を包んだ約1000人や馬約50頭が市街地を練り歩く」 とあった

「登大路園地」を出た後登大路を西に向かい、油坂の交差点を左折してJR奈良駅前を南下
06.jpg
JR奈良駅前を通過し、次の交差点を左折して三条通を真っ直ぐ東へと進み、「一の鳥居」前へ至る

07.JPG
「一の鳥居」をくぐって

08.JPG
参道を一路東へ

09.JPG
長くて重そうな太刀を担いで進んでくる一行

10.JPG
春日大社表参道を東へ進み、奈良国立博物館新館の丁度南側辺りに設けられた「お旅所」に入る!

11.JPG
これが「お旅所」!

12.JPG
これは「お渡り式」の後行われた「稚児流鏑馬」で、お稚児さんが見事に的を射抜いたシーンで、的の右上に斜めの板の破片が二枚見える!

13.jpg
奈良国立博物館では、時を合わせて「おん祭と春日信仰の美術」展が開催されていたので、開館直後に同展でしっかり予習をしてからの「おん祭」観覧であった!
posted by yoko at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2015年06月29日

はじめての「組継ぎ」

01.jpg
4月から6月にかけて毎月2回づつ合計6日、神戸にある「竹中大工道具館」での「木工教室」に通い、箱を三つつくった。

02.jpg
各日約4時間づつ、合計4×6≒24時間の作業で、与えられた板材を切る〜削る、箱のコーナーでは、はじめての「組継ぎ」を行った。檜のムク材と合板の組み合わせである。

03.jpg
箱は、幅と奥行きが書斎の棚にピッタリ収まるようにつくり、

04.jpg
右の上の箱は奥行きを浅くして、押し込むと下が引き出せるようにした。

これらのはこがつくれたのも、「竹中大工道具館」ではいい道具類を使えたのでお陰で、いい道具がなければ何もできないことを実感でき、貴重な体験となった。
posted by yoko at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2015年02月16日

刃物砥ぎ教室

take-01.jpg
昨日「竹中大工道具館」で「刃物砥ぎ教室」があり、出かけた。

take-03.jpg
この「竹中大工道具館」、昨年開館30周年となった機会に、ここ新神戸駅そばに新築移転された。

take-05.jpg
地下2階の「木工室」での「刃物砥ぎ教室」は、定員10名に応募が80名あったとのことで、抽選に当たった!という大変幸運な10名だった。

take-06.jpg
朝10時から昼休みの1時間を挟んで午後3時まで、歯砥ぎの基本をご指導いただき、帰路「東急ハンズ三宮店」で彫刻刀用の砥石や刃先を見るLED付きマイクロスコープなどを購入、これからは木彫の彫刻刀も自分で砥げそうで、大変有意義な一日となった。
posted by yoko at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ