2016年12月31日

73.7.17

ボクの「今年の重大ニュース」ベストワンは、
ボクの73歳の誕生日の717日に、
7カ国17に及ぶ「ル・コルビュジエの建築作品」が
ユネスコの世界文化遺産に登録されたこと!
01.jpg
中でも代表作の一つとされる「ロンシャンの礼拝堂」で
ボクたちが日本人として初めて結婚式を挙げてのが1973年で、
この下二桁も73歳と一致!!
12.jpg
73.7.17って一生一度の偶然だ!!!
ご覧ください!http://www.yokogawa-r.com/etc_temp.html
posted by yoko at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2016年11月16日

iPhone

今日「奈良県立美術館」へ行った。
01.JPG
臨済宗の祖である臨済義玄禅師の1150回忌に当たる今年は、各地で「禅」の展覧会が開催されていて、ここでも「雪舟・世阿弥・珠光・・・中世伸びと伝統の広がり」展が開催されていた。
02.JPG
展示品は地味ながら興味深いもので、写真撮影禁止と携帯・スマートフォンの使用禁止を承知の上で、iPhoneのメモ帳アプリでメモを取っていると、警備員が「展示室内では使用しないで!」って!!
ともかく見えるところで操作すること不可!とのこと。
納得行かなくて次に訪れた「奈良国立博物館」で同様のことが可能か尋ねると、全く問題なしとのこと。
03.JPG
鑑賞中にweb検索する必要が生ずることもあるので、今後は他の美術館・博物館でもどうなのか、調べてみるつもり!
博物館の西面は丁度夕日に照らされて黄金色!
因みにこの「なら仏像館」の入口は東側にある。
guide_00-ue.JPG
guide_00-sita.JPG
posted by yoko at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2016年10月20日

大安寺の七重塔

001.jpg
今「古都祝奈良(ことほぐなら)」
というイベントが行われていて、
002.jpg
昨日、大安寺・薬師寺・唐招提寺を訪ねて
「スタンプラリー」のスタンプが満了!

003.JPG
これは大安寺での、川俣正の作品「足場の塔」
解説に「かつて大伽藍に存在した空間に現出した塔…」とある

004.jpg
場所は現在の大安寺の南側の八幡神社の森の更に南側

005.JPG
かつては一面草むらだったところで、
長らく神社の森から南へ抜けたことがなかったのだが、
いつの間にか「史跡大安寺塔祉」ができていてびっくり!

006.JPG
高さ22mの作品の3倍を超える、
高さ70mに及ぶ七重塔がかつてここに存在したのだ!
その想像を絶する威容に思いを馳せた!!
posted by yoko at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

2016年09月23日

宇太水分神社

芸術新潮8月号の「神社100選」で「宇太水分神社」を見て、
「ああっ!しまった!!先日「宇陀松山」
http://www.yokogawa-r.com/photo_temp.html
を訪ねた時に、この神社にも行くべきだった!」と思った。
で、今日行ってきた。

01.JPG
近鉄大阪線「榛原駅」から「宇陀野」「東吉野」方面へバスが走っている道路に面して建っていつ鳥居をくぐり、

02.JPG
次の鳥居をくぐって境内に入ると、

03.JPG
正面に拝殿があり、

04.JPG
拝殿の横へ進むと全貌が見える!右から、
重要文化財「境内社宗像神社々殿」室町時代
重要文化財「境内春日神社々殿」室町時代

05.JPG
そして、国宝「宇太水分神社本殿 三棟」鎌倉時代(1318年)創建
何と優美な!

06.JPG
拝殿の中央から腕を伸ばして本殿の中央の棟を撮影!美しい!!

ところで、
宇太水分神社」の読みは、「うだのみくまりじんじゃ」
宇陀」は「うだ」、「菟田野」は「うたの」、従って、
宇陀市立菟田野小学校」は「うだしりつうたのしょうがっこう」
ようやく整理がついた!!

07.JPG
榛原駅へ戻る途中、ちょうど彼岸花の咲く季節だ!

posted by yoko at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

2016年08月29日

ひろしま

先週広島へ行き、「平和記念資料館」を訪れた。
hiro01.JPG
ここへは、「頼山陽史跡資料館」
http://www.yokogawa-r.com/architecture/rsm/architecture-rsm1_temp.html
の設計〜工事期間に訪れて以来なので20年ほどぶりとなる。
こみあげてくるのは前回同様ながら、その間に「自虐史観」や「戦争責任」、「原爆投下」の経緯などについての視点を身に着けることとなり、展示を見ていて腹立たしく、とりわけルーズベルトとトルーマンに対する怒りを抑えることができなかった!

hiro02.JPG
前述の「頼山陽史跡資料館」は、現存する数少ない被爆建物であるこの「日本銀行広島支店」の裏側にある。

hiro03.JPG
東館がリニューアル工事で観れなかったので、全館がリニューアルされて、2018年にグランドオープンする予定なのげ、また必ず訪れたい!

hiro04.JPG
記念公園でゆっくり時間を過ごした後、

hiro05.JPG
「原爆ドーム」の周りで時を過ごしていたら、日が暮れてしまった。

翌日は宮島と岩国へ、3日目は江田島と呉へ、4日目も呉に行った後帰路に。
「広島・宮島・岩国・江田島・呉」3泊4日の旅を「自転車・旅」のページ
http://www.yokogawa-r.com/travel_temp.html
に近日アップします!
posted by yoko at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

2016年07月13日

初めての「ダイビング」

夏の沖縄は今年が4年目!
初めて「ダイビング」を体験しました。
その水中写真集です!
302.jpg

301.jpg

旅の様子は、
http://www.yokogawa-r.com/travel/2016/travel_hateruma-miyako_temp
posted by yoko at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

2016年05月24日

積丹半島再訪

先日、北海道の積丹半島を自転車と一緒に再訪した。
前回訪れたのは2005年秋だったので10年半振りで、
半島の海岸沿いの道にトンネルがやたら多かった記憶がある。
それが細くて自転車では走りづらいと思われたのだが、
すべて解消されていた。

半島北端の神威岬から積丹岬までの道にあるトンネルは次の五つ!

01.JPG
余別トンネル:2011年…新旧の入口が並んで見える!

02.JPG
日司トンネル:2002年…これは前回既にできていた!

02-2.JPG
日司トンネルを通過した側…新旧入口隣接!

03.JPG
厚苫トンネル:2006年…新旧入口が見える!

04.JPG
丸山トンネル:2008年…旧トンネルは短く!

05.JPG
沖歌トンネル:2008年…広い歩道が片側についているのは共通仕様!

06.JPG
豊浜トンネル:2000年…前回既にできていた!

06-2.JPG
旧道:豊浜隊道

07.JPG
ワッカケトンネル:2010年

07-2.JPG
旧道は白岩町を通過していた!

実は半島西側の岩内から神威岬に至る道は、前回同様今回もバスに乗ったのだが、前回の記憶…細いトンネルだらけでとても走れない!という記憶があってバスに乗ったのだが、もう細いトンネルは無くなっていたので、来年は岩内から神威岬まで、是非自転車で走ってみたい!
posted by yoko at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

2016年04月14日

大阪市立東洋陶磁美術館のツタ壁

先般「大阪市立東洋陶磁美術館」の屋根の防水工事が行われた。
北側に「弁護士会館」ができてから、時々「美術館」の屋根の色が気になっていたので、防水工事が始まる前に「美術館」へ行き、外壁のタイルの中の一番濃い色で!とお願いしておいたので、休館が明けた4月初旬に、確かめに行った時の「弁護士会館」からの写真。
20160402-1.JPG
思っていたほど濃くなくて、お願いが通じなかったのか!?と思ってしまった。
もっと気になったのは増築部北側外壁のツタ壁。
20160402-2.JPG
ツタ壁だったら、土佐堀川沿いのビル外壁にこそ!と思うのだが、
景観に良くなじんでいる「美術館」になんでまた!?
京阪電車中之島線が開通してからの土佐堀川の左岸からの景観!
keihan-1.JPG
駅舎がでかいのにびっくり!
中之島沿いのビルの外壁にツタを!と提唱したのは、この駅の設計者の安藤忠雄さんでは!
posted by yoko at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

2016年03月15日

土佐堀川を歩く

01.jpg
一年一度の住友病院での人間ドックの日!
半日コースなので8時に入り11時に解放される。
鼻からの胃カメラはモニターで見れて異常なし!
1週間から10日で成績表が送られてくる。

その後、土佐堀川右岸の道を東へ!
02.jpg
朝日のタワーの頂部が揃った!
03.jpg
手前、西側のタワーの上はホテルだな!
04.jpg
カーテンウォールの幅が細くなっている!
05.jpg
見上げるとなかなかの迫力だ!
06.jpg
それにしてもエレヴェーションが何だか変!
07.jpg
図の右上2層と左の4層は床がないのかな???
・・・びっくりするような仕掛けがあるのかも。
posted by yoko at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

2016年02月10日

法隆寺

久しぶりに法隆寺へ行ったら、中門が修理中で、
01.JPG
聞けば、今年の年初から3年がかりの修理工事で、
やがて素屋根が架かり、屋根瓦の吹替えなどが行われるとのこと。

拝観料を払って西院伽藍の中に入る。
拝観料は以前1,000円だったところ1,500円に!それでも安い!!
これで全域のすべてが見れる\(^O^)/

一番奥の大講堂の前から南に向かって見返したところで、
02.JPG

金堂の上重と、五重塔の最上重の四隅に
竜の彫刻の付いた支柱が見える。
03.jpg
この支柱は創建当時には無かったものだそうで、
金堂の支柱は17世紀末の修理の際に付けくわえられたとのこと!

裳階の屋根も比較してみると違いが分かる!
04.jpg
7世紀後半に創建された左の金堂に比べ、
少し後にできた右の五重塔の方が少し複雑な断面をしている!
Clickして比較してください!

美しい回廊は中門の両側から延びて金堂・五重塔をぐるりと囲み、
05.JPG

更に後方に折れて大講堂の両脇につながっている。
06.JPG
創建当初は大講堂側に伸びずに西北と東北の隅から直線で繋がれ、
大講堂や経蔵・鐘楼は回廊の北側、外側にあったのが、
十世紀末に大講堂が再建された際に今の形になったとか・・・

何度訪れても興味の尽きない法隆寺ですね!

・・・梅が咲き始めていました!
07.JPG
posted by yoko at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築