2021年12月24日

誰も知らない日建設計

「誰も知らない日建設計」という本を奈良市立図書館から借りてきた。
誰も知らない日建設計_01.jpg
最近出版されたことを知り、自分以外の人にも読んでほしいと思ったので、自ら購入するのではなく、図書館にリクエストを出した。館蔵されていない本はリクエストを出すとほぼ購入してもらえるようなのでその方法を採った!
さてその日建設計とは、ぼくが大学を卒業した1968年から事情があって退職した2000年まで勤めていた建築設計事務所である。
大学4年になったころ、就職先にあまりあてもなく、できれば当時評判の高かった竹中工務店の設計部に行きたいなと思い大学の恩師に相談したところ、白石先生から「あなたは日建設計に行きなさい!」と、「ぼくの知らなかった日建設計」を進められてそのまま従ったのだが、お陰で幸せな人生を送ることができ、亡くなられて久しい白石先生には今でも感謝し続けている。
1968年4月に入社したのは意匠系・技術系合わせて12〜3人!そのうち意匠系は6名で、院卒の3名は東京に、学部卒の僕を含む3名は大阪に配属にされた。
さて入社した「ぼくの知らなかった日建設計」は当時世間でもあまり知られていなかったようで、電話で某メーカーにカタログを請求した時「日建設計の横川ですが!」と名乗ったところ「何石鹸?の横川さんですか!?」と聞き返されたのが忘れられない!それでいつの頃からか日建設計のことを「東京タワーやNHKホール、東京ドームなどを設計した会社」と説明するようになり、みんな分かってくれるようになった。その後更に東京スカイツリーを加えている。
その日建設計という会社はぼくにとって、「会社に貢献すること=社会に貢献すること」と思える会社だったので、在職中は夢中になって働いた。終身雇用が当たり前の時代に働き始めてから常に人生の中心にあったので、退職してからも同業他社で働くことなぞ考えたことはなく、在職中に家に持ち帰っていた設計図の縮小版や資料類もすべて退職後会社に戻した。契約関係がなくなっても「守秘義務」はそのまま守っている・・・みたいな感じである。
日建設計では幸い良い設計機会に恵まれ、今尚ほとんどが健在で、2008年にホームページをつくった際に厳選した在職中の22作品のうち、現存しないのは1975年に竣工した「鐵鋼会館」のみである。
sc021.jpg
今から10年ほど前に土地と共に売却されて御堂筋沿いの貸しビルに移られ、2012年頃に解体されたのだが、解体される前にGoogleEarthの写真を切り取っておかなかったことが悔やまれる!この「鐵鋼会館」は竣工時に結構話題になり、「新建築」誌の表紙にもなった。
sc100.jpg
「鉄→火→火で焼成されるレンガタイル」で構成した建築!今は無き「名建築」だと思う。
さて、
ぼくが建築設計を始めたころのお手本は、コルビュジェや丹下健三、ルイス・カーンなどどれも素材を生かした建築だったが、しばらくしてミラーガラスが出現し、造形力の無さ!?をミラーガラスで隠蔽するデザインから、隠蔽することでデザイン力を競う時代に変わっていったような気がする。村野藤吾の優れた建築が寿命を終えて〜終えていないものも・・・ガラスの箱に置き変わって行くのは悲しい・・・

「誰も知らない日建設計」という本のことを書き始めたら横道にそれてしまったが、肝心のこの本はというと、パラパラっと見たところ自分の知らないことも多々書かれていて興味深々。まあ本稿はこの本の存在の紹介に止めることにしたい。

日建設計は→https://www.nikken.co.jp/ja/
横川隆一のホームページは→https://www.yokogawa-r.com
鐵鋼会館は→http://www.yokogawa-r.com/architecture/isc/architecture-isc1_temp.html
posted by yoko at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

2021年11月30日

【11/29_菖蒲池】紅葉狩り_2021-05

大阪からの帰り、近鉄菖蒲池駅から家まで歩いて帰った。
20211129_菖蒲池.jpg
近鉄に乗るのに、近くのバス停から学園前駅まで10数分だが、
菖蒲池駅まで歩いても20分ほどだし、景色抜群なのでよく歩く。

b01.jpg
ここは昔「あやめ池遊園地」のあったところで、
池を含む自然が残されて、周囲は閑静な住宅地になっている

b02.jpg
背の高いのはメタセコイヤ

b03.jpg
背の高くない方はトウカエデかな・・・

b04.jpg
こんな葉っぱ!

ここは春になると桜が咲き乱れるのです!!

posted by yoko at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

【11/28_不退寺】紅葉狩り_2021-04

紅葉真っ盛り!とテレビでも報道されているので、
不退寺へ行った。家から自転車で30分ほどかな・・・
101.jpg
102.jpg
ウワナベ古墳のお堀端を通り東へ
103.jpg
国道24号線の東側のこんもりした森の中
104.jpg
緑のトンネルの先に門がある
105.jpg
境内は紅葉真っ盛り
106.jpg
正面に本堂
107.jpg
今特別拝観中で「在原野業平」の肖像画が見れる!
108.jpg
欄間が有名な「業平格子」
109.jpg
110.jpg
111.jpg
業平朝臣
 ちはやぶる
 神代もきかず竜田川
 からくれないに水くくるとは
112.jpg
posted by yoko at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

【11/23_嵐山】紅葉狩り_2021-03 ☞追ってHPに掲載します!

久々〜何年振り?〜何十年振り!!?
自転車で嵐山まで走ろう!と思って朝8時に家を出発
23001-2.jpg
50
kmほどなので、
12時までには到着すると思っていたのだが・・・
実は三川合流地点通過後少し迷走してしまい、
12時を30分ほど超過してしまったのだ!
23003.jpg
先ず
木津川の左岸を下流へ・・・
逆風がきつい!!
23006.jpg
三川
合流地点を経て
23006-2.jpg
桂川左岸〜保津川左岸を経て渡月橋を目指す!
23007.jpg
途中で保津川の右岸に渡って上流へ
23011.jpg
渡月橋は見えた!人でいっぱい!!
23011-2.jpg
ここまでの経路・・・
23012.jpg
渡月橋はサイクリングロードの「起点」なのだ!
23014.jpg
れぞ嵐山!
23017.jpg
渡月橋は歩道を左側一方通行
23018.jpg
実は車道は空っぽで、そこを自転車ですいすいと渡った!

23021.jpg
せっかくなので「常寂光寺」に寄る
23022.jpg
紅葉真っ盛り!!
23022-2.jpg
ず〜っと上へ
23023.jpg
多宝塔を見下ろす高台からは、
↓_京都タワーも見える!
23024.jpg
の後自転車で京都駅まで走り、
近鉄で帰路に・・・


続きを読む
posted by yoko at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

【11/18_談山神社】_紅葉狩り_2021-02


近鉄を乗り継いで桜井まで行き、
自転車を輪行して、奈良交通バスで談山神社へ!
18001.jpg
紅葉は明日ぐらいがベストな感じ!

18001-2.jpg
中大兄皇子と中臣鎌足は小学校のころから知っている・・・

18002.jpg
紅葉を満喫した後は、元来たバス道ではなく、
西の山越えの道を辿って桜井駅へ

18003.jpg
峠から北の方を見る

18004.jpg
途中、安部文殊院にに寄る

18005.jpg
勿論お目当ては快慶仏!

18006.jpg
安倍仲麻呂に思いを馳せて・・
夕刻桜井駅に到着、JRで天理での「某会」に!

posted by yoko at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

【11/13_奈良公園】紅葉狩り_2021-01

13001.jpg
自転車で大仏殿のそばまで走ってきた!
13002.jpg
正倉院の庭に入れる!!

13003.jpg
東側の池越しに見る。

13004.jpg
ただいま奈良博で「正倉院展」中だ!

13005.jpg
二月堂の方へ。

13006.jpg
法華堂に参拝。

13007.jpg
奈良公園はまだ紅葉していない・・・

‍♂️2021.11.13_奈良公園_24.8km.jpg
今日の走行距離は、約25km

posted by yoko at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

2021年10月04日

平城宮跡の南門復原!

013.JPG
奈良公園へ行く時はほぼ平城宮跡を通る!
ここまで来ると「若草山」や「東大寺大仏殿」が見える!!

012.JPG
昨日通りかかったら、
こんなところにテントを張っている家族がいてビックリ!

001.jpg
4年前の2017年に始まった「南門」復原工事は、

002.JPG
南面に見学用階段が設置されていて、

003.JPG
時々中を覗き込んだものだったが、

004.jpg
今年の春から側壁が外れ始めて、

005.JPG
いつの間にか抜けてしまって・・・

006.JPG
気が付いたら覆屋が東にずれていた!

007.JPG
180tある覆屋が2か月かけて41.5m東へ移動、

008.JPG
今日が移動の最終日!で見に行った!!

009.jpg
ちょっと動いて!?終了!!時速数センチ・・・

010.JPG
次はこの覆屋の中に「東楼」が復原されるのだが、
東西の建物が揃う頃にはもう生きていないな〜

011.jpg
なんて思いながら・・・
南から見る!奥が「大極殿」

posted by yoko at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2021年09月07日

「奈良博三昧」・・・奈良国立博物館の特別展

一度観て、
こんなに面白い展覧会はもう一度!と、
今日奈良国立博物館へ行ってきた。
特別展「ならはくざんまい」
−至高の仏教美術コレクション―
●00_01.jpg

●00_02.jpg

ジャンルは多岐にわたり全256点
前期・後期で展示替えあり

●00_03.JPG
家からは電動アシスト自転車で・・・
道草しても1時間以内で到着

●00_04.JPG
西側の「なら仏像館」の傍に丸い小さな池があり、

●00_05.JPG
畔の藤棚の下がお決まりの駐輪場所!
サドルの後ろにキャリアを取り付けたので、
予備バッテリーを常時携帯できるようになり、
ガス欠ならぬ電欠!?の心配がなくなった。

●00_06.JPG
東館の内部

●00_07.JPG
西館の内部

すべて館蔵品の展示ということで写真撮影OK
でもよくできた図録があるので、
彫刻と絵画の「顔」だけをアップで撮影しました。

ここでは彫刻~仏像の「顔」のなかで、
比較的よく撮れたものを載せます。

●02_菩薩立像.JPG
菩薩立像

●03_◎十一面観音菩薩立像.JPG
十一面観音菩薩立像_重要文化財

●04_出山釈迦如来立像.JPG
出山釈迦如来立像

●43_◎薬師如来坐像.JPG
薬師如来坐像_重要文化財

●44_観音菩薩立像.JPG
観音菩薩立像

●45_◎力士立像.JPG
力士立像_重要文化財

●46_十一面観音菩薩立像.JPG
十一面観音菩薩立像

●47_如来立像.JPG
如来立像

●96_阿弥陀如来坐像.JPG
阿弥陀如来坐像

●110_獅子.JPG
獅子

●167_◉薬師如来坐像.JPG
薬師如来坐像_重要文化財

●168_伽藍神立像.JPG
伽藍神立像

●188_南無仏太子立像.JPG

南無仏太子立像
●203_◎兜跋毘沙門天立像.JPG
兜跋毘沙門天立像

●204_◎愛染明王坐像.JPG
愛染明王坐像

●300.JPG
平城宮跡を撮っての帰路・・・
まだ「南門」の「覆屋」がある!と思いきや、
真横から見るとズレていて、東へ移動中なのだ!
完全に外れたら解体されることになる。
これ、東・西_本願寺と同じ・・・思い出す!

絵画の「顔」はまた改めて!編集が大変そう・・・






続きを読む
posted by yoko at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術

2021年08月26日

「京の国宝」と「上村松園」・・・二つの展覧会


一昨日の8月24日、久々に、
見逃せない展覧会が開催中の京都へ出掛けた!
先ずは「京博」での「京の国宝」展へ
005.jpg

006.jpg

近鉄と京阪を乗り継いで七条で下車、はいつものパターン・・・

001.jpg
事前予約制と知りながら予約せずに訪れたが、
案の定ガラガラ
002.jpg

003.jpg
004.jpg
本展のイメージキャラクターは、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」
この日から後期展示でこの「風神雷神」を観れたのだが、
前期展示の雪舟「天橋立図屏風」の方が良かったな・・・
どちらも何度も観てはいるけれど、
雪舟のの方が細かいから繰り返し観たかったところ・・・

いくつもの仏像の中では、特に次の2点に\(^o^)/

007.jpg
東寺の◉「梵天坐像」が来ていて、
東寺講堂でより接近して観ることができて良かった!

009..jpg
蓮華王院三十三間堂◉「婆藪仙人(二十八部衆)」もすごい!

今回最もうれしかったのは、
岩佐又兵衛の「小栗判官絵巻」が観れたこと!
010.jpg
皇室の持ち物なので◉国宝ではないが、国宝同等!
夢中になってガラスケースに接近しすぎ〜密着してしまって、
監視員の方からご注意をいただいてしまった・・・

011.jpg
↑_出版物では、これが唯一無比では!?
わが愛読書で見飽きません!!

「京博」の次は「京セラ美術館」へ、
いつもの経路:円山公園〜神宮道を経由して岡崎公園へ
012.jpg
お昼は、野球場の東側にある2軒のうどん屋のどちらかで・・・
この日は「岡北」が定休日で「山元麺蔵」へ
自転車は、向かいの手すりにロック!

京セラ美術館に到着!
013.jpg
「上村松園」展も事前予約制ながら、案の定大丈夫!

014.jpg
中央のホールから、

015.jpg
左の方へ

016.jpg
この日は後期展示中で、
図中右の◎「序の舞」は展示中だが、
図中左の「焔」は前期展示で観れなかった。
でもこの「焔」は近年偶然「東博」観ることができたし、
「序の舞」は奈良・学園前の「松伯美術館」で最近観たことがある。


「上村松園」展には、何と100点を超える作品が集められていて、
100数十人の美女と数人の男前の顔を観たことになるが、
眼は白眼に黒目がくっきりではなくぼんやり描かれていて、
視線の先も定かでない!何とも不思議な眼差しで・・・

それよりも、「京の国宝」展のあとで全く異質の美人画展を観る、
というのは組み合わせが良くなくて、日を改めるべきであった!
それに、上村松園はもうタップリ観た!という気がするので、
今回をわが人生での見納めとしようと思う。

【註】キャプションの記号_◉は国宝、◎は重要文化財





posted by yoko at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術

2021年07月05日

初めての「重源上人坐像」

008.jpg
写真ではすっかり見慣れた「◉重源上人坐像」だが、
実物を見たのは本日が初めてだった!
この「◉重源上人坐像」が居られる東大寺「俊乗堂」は、
今日7月5日と12月16日の2日だけ特別開扉される!
そのことを入力しておいたwebカレンダーが知らせてくれたので、
迷わず東大寺へ出掛けた。
【註】写真は、
   文化庁監修 国宝5 仏像彫刻U_毎日新聞社刊より

001.JPG
いつもなら自転車で来るところ、
天気予報が怪しいので近鉄奈良まで電車で来て、
後は徒歩で東大寺へ向かう。
県庁北側の道を東へ!
若草山と南大門が見えてくる。
002.JPG
大仏殿へは寄らず、鏡池の前を東へ
003.JPG
鹿の親子に出くわす!珍しい!!
004.JPG
二月堂や法華堂のある高台との中間にある広場
中央に鐘楼がある!
005.JPG
これが「日本三大梵鐘」の一つ…あとは、知恩院と方広寺
因みに「日本三名鐘」というのもあって…
こちらは、三井寺、平等院、神護寺
006.JPG
「俊乗堂」は広場の北西側にあり、特別拝観料は300円
007.jpg
確かに初めての「◉重源上人坐像」のリアルな表現に打たれ、
長時間堂内に留まった。
像は高い位置に置かれた厨子の中にあるため、
お顔を見上げることになり、見慣れた写真と随分印象が違った。
これまで見てきた写真は、これや冒頭の写真のように、
どれも視点が像と同じ高さなのだ!
009.jpg
堂内には「◎愛染明王坐像」と、
重源上人が快慶につくらせた「◎阿弥陀如来立像」が
010.JPG
お堂を出て東から見ると、視線が堂内を抜ける
011.JPG
7月5日と12月16日の特別開扉の日だけの光景!
012.JPG
次は「法華堂」のある高台の方へ
013.JPG
鹿がお出迎え
014.JPG
今日は「◉重源上人坐像」の他は見ないことにし、
いつもは必ず入る法華堂にも入らず、
二月堂からの景色を楽しむだけにして…
015.JPG
回廊から西を眺める

016.JPG
生駒山頂のTV塔が見える!
017.JPG
裏参道を通って帰路に
階段が連続するので、自転車できた時はあまり通らない
018.JPG
写生スポットに今日はお一人だけ…

019.JPG
徒歩だと道草が増えて楽しい!

020.JPG
何とも平和な風景を眺めていると、
重源上人さまのお顔が浮かんできます。

【註】文中の仏像彫刻の ◉は国宝、◎は重要文化財





posted by yoko at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術