2015年07月20日

初めての空中体験!

001.jpg
初めての空中体験!
パラセーリングってパラシュートを背負って、
モーターボートで引っ張ってもらうと浮き上がる!

002.jpg
ワイヤーが延ばされてどんどん高くなって

003.jpg
海面から70mまで上がるんだって!

004.jpg
うわーっ!
2015年7月7日、宮古島にて!
posted by yoko at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

2015年06月29日

はじめての「組継ぎ」

01.jpg
4月から6月にかけて毎月2回づつ合計6日、神戸にある「竹中大工道具館」での「木工教室」に通い、箱を三つつくった。

02.jpg
各日約4時間づつ、合計4×6≒24時間の作業で、与えられた板材を切る〜削る、箱のコーナーでは、はじめての「組継ぎ」を行った。檜のムク材と合板の組み合わせである。

03.jpg
箱は、幅と奥行きが書斎の棚にピッタリ収まるようにつくり、

04.jpg
右の上の箱は奥行きを浅くして、押し込むと下が引き出せるようにした。

これらのはこがつくれたのも、「竹中大工道具館」ではいい道具類を使えたのでお陰で、いい道具がなければ何もできないことを実感でき、貴重な体験となった。
posted by yoko at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2015年05月20日

大阪府立中之島図書館

01.JPG
大阪府立図書館の前を通ったら、
02.JPG
正面玄関の扉が開いていた。
03.JPG
最近開いたことは新聞かニュースで知ってはいたが、調べたらこの4月1日に、何と54年ぶりに開いたとのこと。
1961年までは使われていたのだが、その後内側の玄関ホールを閲覧室として利用するために閉鎖されて、利用者は1階の玄関脇にある出入口から出入りしていて、変だなと思いながら何度か利用したのを思い出す。
04.JPG
玄関ホールの中央に進み、
05.JPG
上を見上げると、天井が美しい!
図書館活用のための有識者会議で「館のシンボルとして活用すべきだ」との提言を受けて、今年1〜3月に改装工事を施し、今後正式な入口になるとのことだが、こんなことに54年もかかったことが驚きだ!
この中之島図書館は1904年の建築で現役の公共図書館としては国内最古、国の重要文化財にも指定されているのだが、我が日建設計の作品でもあり、誇らしい!
06.JPG
玄関に戻り、
07.JPG
外に出ると、大阪市庁舎と軸線がずれているのが何とも残念なのだが、
08.jpg
西から、日本銀行大阪支店、大阪市庁舎、府立図書館、中央公会堂の軸線が全てずれていて、これは中之島のカタチが弓なりになっているためでしようがない・・・
大阪市庁舎は指名設計競技で日建設計の案が選ばれたのだが、配置とアウトラインが決められた上でのデザインコンペだったので、府立図書館との関係などの提案はできなかったし、高層化して下部の中央を大きくくり抜き、御堂筋から府立図書館の正面を直接見せる!などという大胆な提案は、できるはずもなかった!
09.jpg
思い返せばCADのなかった時代に、立面図のおびただしい数の窓をひたすら描き続けたことが思い出されて懐かしい・・・
東側の増築部分を撤去して全体を東に曳家し、市役所と図書館の間に大きな広場をつくりだす・・・という検討を、大阪府からの依頼で行ったこともあったが実現せず、市役所と図書館が接近した現状が続くことになってしまっていることが残念だ!
posted by yoko at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

2015年04月11日

比叡山

h01.jpg
先日ケーブルカーとロープウェイを乗り継いで、比叡山の上まで自転車を持って上がり、

h02.jpg
聖地延暦寺を巡り、
h04.jpg
鐘を思いっきり撞いた後下界まで下りてきました。

h05.jpg
とは言っても自転車で下れる道がなかったので、自転車を抱えて下りてきたというおはなしです。

h03.jpg
なお、根本中堂は来年から10年かけて大改修とのこと、見るなら今のうちですよ!

HPをアップしたのでみてください!
http://www.yokogawa-r.com/travel/2015/travel_hieizan_temp.html
posted by yoko at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅

2015年03月20日

入江泰吉の旧居

奈良写真美術館で「祈りの仏像〜入江泰吉・こころの眼〜」展が開催されているので観てきた。
m-01.jpg
観たことのある〜何度となく観た仏像の写真が古寺の風景写真とあわせて展示してあった。実物を観るのとはまた違った感慨に浸り、「こころの中で合掌しながらシャッターを切った」という入江泰吉の言葉に共感した。因みに風景写真の薬師寺は西塔が再建される前のもので塔は一棟、キャプションも「東塔」ではなく「塔」だった!

「入江泰吉の旧居」が3月1日から公開されていることを置いてあったチラシで知り、訪れることに・・・
写真で観たばかりの日光・月光菩薩立像の実物を観たくて「東大寺ミュージアム」に寄り、その後現地へ。・・・入江の写真の日光・月光は法華堂にあった時のもので不空羂索観音の光背が写っていた。

「東大寺ミュージアム」のある場所はかつて東大寺学園の前身の青々中学があったところで、1956年4月から59年3月までの3年間通った懐かしい場所!その北側を流れる川沿いの道を西に下ると今はおそば屋さんに突き当たる。
01.JPG

そこから北を見ると正面の階段の上奥に「東大寺戒壇堂」がある。
02.JPG
中学生の時「戒壇堂」へ行き、上に上げてもらって間近で四天王とにらめっこした記憶がある。今はおそば屋さんになっているお家の北隣に有名な写真家が住んでおられる様な話を聞いた記憶もあるが、そのお宅は平屋で、その頃からずーっとこじんまりしたものだと思っていたのだが、実は違った!歩測すると間口が30mほどもある大邸宅だった!

おそば屋さんの北隣にあった木の塀は取り払われてお庭に車椅子専用駐車場が設けられ、
03.JPG
お風呂と便所だったウイングの一部には外から使える多目的トイレが設置されていた。左奥の別棟は、モノクロ写真時代にご自身で現像されていた暗室である。

北端から南方向をみたところで、間口が広いことが分かる。
04.JPG

北の端に門があり、右上に表札がかかっている。
05.JPG
この表札の文字は、第206世東大寺別当上司海雲師が揮毫したものである。上司海雲師はぼくが青々中学に入学した当時の校長先生でもあり、入学記念写真の真中に写っておられる。
http://yokogawa-r.sblo.jp/article/92793842.html

門をくぐり左方向にカーブするアプローチを進むと北向きの玄関があり、
06.JPG

中に入るとどの部屋からも、敷地の庭ばかりか、川の北側のまるでこの家の庭であるかのように広がる林までもが見える。
08.JPG

一番奥に、入江が多くの時間を過ごした書斎とアトリエがあり、
07.JPG

敷地の西側の斜面に張り出している。左の垣根の外に川が流れている。管理上やむを得ないだろうが、垣根に加えて金属性の高いフェンスが何とも残念…
09.JPG
飛石の正面奥の上階がアトリエ、下は倉庫になっている。

元は台所で今は管理事務室になっている部屋以外のほとんどすべての部屋とお庭は自由に観ることができる。
奈良市の公共建築久々のヒット!
是非訪れて欲しいので、パンフレットを以下に掲載します。

★クリックすると拡大されます!
h-01.jpg

h-02.jpg

h-03.jpg
posted by yoko at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築

2015年02月16日

刃物砥ぎ教室

take-01.jpg
昨日「竹中大工道具館」で「刃物砥ぎ教室」があり、出かけた。

take-03.jpg
この「竹中大工道具館」、昨年開館30周年となった機会に、ここ新神戸駅そばに新築移転された。

take-05.jpg
地下2階の「木工室」での「刃物砥ぎ教室」は、定員10名に応募が80名あったとのことで、抽選に当たった!という大変幸運な10名だった。

take-06.jpg
朝10時から昼休みの1時間を挟んで午後3時まで、歯砥ぎの基本をご指導いただき、帰路「東急ハンズ三宮店」で彫刻刀用の砥石や刃先を見るLED付きマイクロスコープなどを購入、これからは木彫の彫刻刀も自分で砥げそうで、大変有意義な一日となった。
posted by yoko at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2015年01月13日

ベルカント

「ベルカント」とはイタリア語の"Bel Canto"で、
"Bel"は「美しい」、"Canto"は「歌、歌声」のことです。
その名を冠した声楽交友会「ベルカント」は、奈良市在住の声楽家、 福田清美・眞理子門下生の勉強会として、1990年頃から活動を始めました。その仲間が増え、出身校やプロ・アマの枠を超えて、大人も子供も、80歳代から幼児まで、共にオペラや歌曲を楽しむ会へと発展し、現在50名近くの会員が活動しています。月に一度の勉強会の成果として、近年は毎春に「秋篠音楽堂」、毎秋に「なら100年会館・中ホール」で定期演奏会を開催していて、次の公演は9月12日(土)於:「なら100年会館・中ホール」です。
20100925w1280.jpg
これは2010年9月25日の「20周年記念コンサート」の様子です。
↓ 是非ホームページをご覧ください!
http://www.yokogawa-r.com/music_1_temp.html
posted by yoko at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2015年01月01日

あけましておめでとうございます!

2015_年賀状.jpg

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしく!!

ホームページにも追加しました。
http://www.yokogawa-r.com/etc/nengajyo_temp.html
過去のすべての年賀状を見ることができます。
是非ご覧ください!
posted by yoko at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2014年12月01日

奈良に住んでいて良かった!と思う項目がまた増えた\(^o^)/

奈良国立博物館の南側にかねてより気になる建物があり、一般公開されているのを知り先日訪れた。
仏教美術資料研究センター「関野ホール」といい、明治35年(1902)「奈良県物産陳列所」として開館、昭和26年(1951)国に移管されて「奈良国立文化財研究所」の庁舎に、昭和58年(1983)に「奈良国立博物館」の管理となり、平成元年(1989)に「仏教美術資料研究センター」に活用されることになり現在に至る。明治中期を代表する近代和風建築として高く評価され、重要文化財に指定されている。設計者は、建築史学者で当時奈良県技師として古社寺建造物修理事業に尽力した関野貞(せきのただし)。
bal-01.JPG
春日大社参道側に正面入口がある。

bal-02.JPG
中のホールは明るく気持ちの良い空間で、

bal-03.JPG
入って左方向…西側を見ると、図書閲覧室のような気になる空間があるので、

bal-04.JPG
外へ出て西方向へ行くと、

bal-05.JPG
西の妻側に入口があり、

bal-06.jpg
その傍らに案内板があって、水曜日と金曜日は利用できることが分かったので、

bal-07.jpg
早速、先週の金曜日に行ってきた。
仏教美術に関する書籍や資料は何でもそろっているらしく、開架は自由に閲覧でき、お願いすれば書庫から出してきてもらえるし、貸し出しはできないがモノクロコピーはしていただける。

昨年70歳になって、
http://yokogawa-r.sblo.jp/article/70996723.html?1417415560
奈良市内の社寺を無料拝観できるようになってから、東大寺、興福寺、新薬師寺、薬師寺、唐招提寺、などなどに足繁く通うようになり、すっかり仏像を観ることにハマってしまったのだが、調べ物をするのに格好の場所が見つかった!
奈良に住んでいて良かった!と思う項目がまた増えた\(^o^)/
posted by yoko at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ

2014年11月05日

平城宮跡のススキ

今日の午後平城旧跡を散策していてススキの群生に出くわした。

その向こうに「朱雀門」が・・・
01.JPG
02.JPG

はるか彼方には「生駒山」も・・・
03.JPG
04.JPG
posted by yoko at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車・旅